雑食堂

幅広く イタダキマス

はぎれでマスクを作りました

ティッシュやトイレットペーパーは普通に買えるようになってきたけど、マスクは相変わらず売ってません。


家にあるマスクも残りわずか。
というか、去年の花粉シーズンの残りなので、最初から そんなに枚数が無かった。
薬を飲んでたらマスク無くても花粉症は平気だから買わなかったんだよね。
まさか、全く買えなくなる日が来るとは。


なので、病院など危険度の高い場所に行く時以外、日々の買い物程度はマスク無しで出かけてました。


三重県新型コロナウイルスの感染者数は近隣県と比べると格段に少ないです。
でも、どこまで広まってるか分からない。
最新の情報だと、近くで感染者が出ているっぽい。
オイラも無症状なだけで既に感染している可能性だってある。
もし感染していたなら、マスク無しの外出でウイルスを振り撒いてる事になっちゃうよ。


マスクを着けないで感染するのは自己責任だけど、マスクを着けないでいて広めるのは自分だけの問題で済まない。






という事で、自分でマスクを作る事にしました。
だんなは職場で支給されているので、とりあえず、オイラの分だけ。


キッチンペーパーで作れるってテレビで言ってたけど、あれを着けて人前に出る勇気はナイw
だから、間にキッチンペーパーを挟めるようなマスクにしました。




ちょうどマスク2枚分の大きさの はぎれがあったので、端とゴムを通す部分を適当に縫ってみたよ。
ミシンは持っていないので、ちまちまと手縫い。
布が何枚も重なっているから、針を1回通すだけでも一苦労。
一枚作るのに約1時間かかった。


完成品。
f:id:sa_to_e:20200413181847j:plain
ゴムは これも家にあったもの。
4コール(幅3.5mm)の平ゴム。
長さを調整中のため、結び目は あえて外に出してあります。


裏側。
f:id:sa_to_e:20200413181855j:plain


中にキッチンペーパー。
f:id:sa_to_e:20200413181903j:plain




着けてみたら ちょっと小さかったw
鼻をきちんと覆うと顎が出る。
アベノマスク状態だよwww


やっぱり ちゃんと測って作らないとダメだね。




改良版。
今度は測って作ったよ。
ピンクの方は もう布がなかったから、違う はぎれで作成。
f:id:sa_to_e:20200413181917j:plain


試作品は肌触りがよくなかったから、裏側にガーゼを付けてみた。
フリーサイズの消毒用のガーゼで、これも家にあったもの。
f:id:sa_to_e:20200413181926j:plain
それから、端を折り返す回数も減らして針が通りやすくしてみた。
縫うのが少しだけ楽だったよ。




頬の所に隙間ができたので、ゴムを短くしてギャザーを寄せたらフィットして いい感じになった。
f:id:sa_to_e:20200413181957j:plain








手作りマスクを着け始めた頃はオイラ1人しかいなくて ちょっと気恥ずかしかったんだけど、一週間くらいたったら、手作りマスクを着けてる人を少しずつ見かけるようになりました。
最近は周りの目も気にならなくなって、堂々と手作りマスクで出かけています。


まあ、でも、ウイルスを防ぐ ちゃんとしたマスクの方がいいに決まってるので、早く普通に買えるようになってほしい。